ひとりごと

新しい記事:[2164]  古い記事:[2162] 表示単位 :

ついったー[おとなり日記] かがみさん Y.Kumagaiさん

2008/02/20 (水)

・ ZFSロードテスト

実験段階という警告文を気にせずおうちサーバでZFSを使ってみた感想とか。まだ運用開始から3日なのであまりたいしたことは書いていません。

実使用で速いとか遅いとかは特に感じられない
主用途が MPEG4 エンコード用ということもあり、ZFSにしたからといってパフォーマンス上の変化は特にみられません。
portsclean -C は異様に速い
とはいえ、この処理はUFSと比較して大幅な改善が見られます。UFSが残っているバックアップ機で確認してみたところ、
[UFS]1回目・・・76秒
2回目・・・57秒
3回目・・・58秒
[ZFS]1回目・・・34秒
2回目・・・4秒
3回目・・・4秒
という結果に。なんと57秒が34秒あるいは 4秒!! ですよ。単にキャッシュの容量が増えただけなのかもしれませんが、ZFSだとディスクアクセスが遅くなるとしか思っていなかったので、逆に速くなるケースもあることが意外でした。
毎日のバックアップは一瞬
もうホント簡単。
DATE=`date +%y%m%d` ; zfs snapshot -r tank@$DATE
これだけ。しかも Leopard のタイムマシーンよりも速くて、現在のスナップショットを作るだけなので一瞬で終了します。これまで毎日のバックアップは同一ディスク上にダンプしていた関係で夜中に3時間ぐらいかかってましたから、この差は果てしなく大きいです。

ただ、欠点は同一ディスクに差分を保存する形式なので、だんだん使用可能領域が減ってくること。というか、大きいファイルを消しても残容量がちっとも増えないという点はある意味で衝撃的かも(笑)。もちろんスナップショットを削除すれば残容量は増えます。

別のHDDへのバックアップもすごく早い
これまでは一週間に一回 レベル0ダンプを別のマシンに保存していました。だいたい2時間ぐらいかかっていたと思うのですが、今回保存先のファイルシステムもZFSに変更して send / receive にて差分のみ受け渡しするようにしたところ、数分でバックアップできるようになりました。send したデータを保存するだけではなく、転送先でZFSのファイルシステムを再現するようにしたので、万一メインのHDDが死亡した場合は
バックアップ機のHDDを接続して運用再開する
という離れ業ができます。実際にはメイン機はミラーリングしてるので同時に死亡するのは考え難いのと、バックアップ機のATA133-HDDはメイン機のSATAポートにそのままでは接続できない(^^)のであんまり現実的ではないですが、理論上可能であることは面白いです。

という感じで、パフォーマンスの低下は感じられないので今のところメリットづくしです。ひとつだけ困ったのは、うちではタイマー録画用Windows機のディレクトリを mount_smbfs でマウントしていますが、「Windows機が電源OFFだと zfs rename や set に非常に時間がかかる」こと。電源を入れたり umount しちゃえば問題ないのですが、これまでは df で時間がかかるぐらいしか弊害が無かったので今後は運用方法を少し変更する必要がありそうです。

(おまけ) 別のPCにZFSでバックアップするシェルスクリプト
動作条件
  1. 相手のホスト名は toriyu10
  2. rootでパスワード無しssh接続ができるようになっていること
  3. 転送元/先 共に tank というプールが作成されていること
#!/bin/sh
ping -c 1 toriyu10
if [ $? -eq 0 ]; then
    (df ; zfs list -t filesystem) | ssh -c blowfish toriyu10 "cat >/backup/df.txt"
    zfs snapshot -r tank@now
    FS=`zfs list -t filesystem | awk '/tank\// { print $1 }' `
    for i in $FS
    do
        echo "Sending $i"
        ssh toriyu10 "zfs list $i@old " 2>/dev/null
        if [ $? -eq 0 ]; then
            echo "incremental backup"
            zfs send -i old $i@now | ssh -c blowfish toriyu10 "zfs receive -F $i"
            if [ $? -ne 0 ]; then
                echo "incremental backup failed. trying full backup"
                ssh toriyu10 "zfs destroy -r $i" 2>/dev/null
                zfs send $i@now | ssh -c blowfish toriyu10 "zfs receive $i@old"
            else
                ssh toriyu10 "zfs destroy $i@old" 2>/dev/null
            fi
                ssh toriyu10 "zfs rename $i@now old"
        else
            echo "full backup"
            ssh toriyu10 "zfs destroy -r $i" 2>/dev/null
            zfs send $i@now | ssh -c blowfish toriyu10 "zfs receive $i@old"
        fi
            zfs destroy $i@old 2>/dev/null
            zfs rename $i@now old
    done
    zfs destroy tank@now
fi

zfs rename に -f オプションがあったらあらかじめ destroy しなくても良くなるのでもっとスマートに書けるのだろうなーと思います。転送元で間違って 'zfs destroy -r tank' なんかやっちゃうと一巻の終わり(笑)なわけで、コマンドラインで destroy を使うのは極力避けたいものです。

□ 関連記事


新しい記事:[2164]  古い記事:[2162] 表示単位 :
※このページへのリンクは自由です。リンクの方法については[つっこみ]で表示されるページの最後をごらんください。
たかたに(takatani@mars.dti.ne.jp)